FUKUDENEnglish

FAQ(よくあるご質問と回答)

  • 補償導線について
  • 耐熱電線について
  • 熱電対について
Q

Q 1:シース熱電対の温接点形状で、非接地タイプの利点・欠点を教えて下さい。

A

 

利点 測定対象物を選ばず、電気的誘導障害に対しシールド効果があり、熱起電力の経時変化が少なく長時間の使用に耐えれる。
欠点 シースが絶縁されている為、接地型より応答速度がやや劣る。

 

Q

Q 2:熱電対の原理を教えて下さい。

A

2種類の異種金属で閉回路を作り、異なる接合点に温度差が生ると熱起電力が生じ電流が流れるとゆう原理(ゼーベック効果)を利用した温度検出器。
使用環境に応じた特性を持つ異種金属素線同士を組み合わせて片端に溶接等の電気的接続を行い、もう一方を計器に接続する事で熱電対となる。
測温接点の温度を知るには、基準接点を0℃に保つ方式と、電気的補正を行う計測器に接続する方式とが有る。

 

Q

Q 3:測温抵抗体の原理を教えて下さい。

A

金属の電気抵抗値が温度変化に比例し変動する特性を利用し、
白金等の金属素線をコイル状に加工して製造された抵抗体素子にシース・内部導線・保護管等を一体化させて安定性の良い抵抗値測定を行える様にした温度検出器で、内部導線の接続方式が2・3・4導線式の3タイプからなり、接続方式に合った変換器に接続する事で温度測定を行える。

 

Q

Q 4:PT100Ωの測温抵抗体のリード線は何を使えば良いのですか?

A

線式にあったリード線をご使用下さい。(2導線式であれば2C物、
3導線式であれば3C物)
VCTFやMVVSなどでも使用できますが、温度誤差を少なくする為には
専用に設計されたリード線をご使用下さい。
導体抵抗のばらつきを抑えた設計となっております。

 

Q

Q 5:シース熱電対の保護管の材料で最も多く使用されている物は何ですか?

A

標準材質としはSUS316が最も多く、高温用としてはINC600が一般的である。


 

Q

Q 6:シース熱電対と圧接式熱電対はどう違うのですか?

A

 

シース熱電対 熱電対素線を極細金属管(シース)に収納し、絶縁に無機絶縁粉末(酸化マグネシウム)を充填した熱電対に補償導線を接続し使用する
圧接式熱電対 被覆熱電対に保護管や取付金具を施し直接使用する比較的安価な汎用型熱電対

 

Q

Q 7:JIS規格外の熱電対の特徴を教えて下さい。

A

@タングステンレニウム→超高温用。真空中、不活性ガス中では2300℃測定可
Aプラチネル→酸化雰囲気で使用可
Bクロメル/金・鉄→極低温用の熱電対
CプラチネルU→1300℃までの高温で連続使用可

タングステンレニュ-ムでも大きく3つに分類されます。
@WRe(0-26)
AWRe(5-26)
BWRe(3-25)があり、Aが主流になっております。