FUKUDENEnglish

FAQ(よくあるご質問と回答)

  • 補償導線について
  • 耐熱電線について
  • 熱電対について
Q

Q 1:補償導線のサイズを選定するには、何を判断基準に決定したら良いか?

A

熱起電力の特性は、導体の太さには影響されません。
配線する場所、距離、柔軟性などの機械的特性を考慮し選定される。

サイズ別に分けると
2.3SQ 距離の離れた場所への配線、大型プラント工事
2.0SQ 2.3SQと同じであるが、価格が若干安い。
1.3SQ 距離の離れた場所への配線、大型機器内配線
1.25SQ 1.3SQと同じであるが、若干柔軟性があり外径も若干細い
0.5SQ 機器内用及び短い距離や狭いスペースでの配線

 

Q

Q 2:補償導線と補償導線をつなぐのに何を使用すれば良いか?

A

補償導線は無接続が原則です。
やむを得ず接続する場合は、銅スリーブや端子台で接続しても構わないが
下記の事に注意が必要。

1 接続する補償導線の種類は同品種の物
(KX→KX○ KX→VX△ KX→JX×)
2 接続箇所は出来るだけ周囲の熱に影響されない場所
(ヒーター等の熱源から離れたところが望ましい)
3 繋ぎ目の+脚と-脚は必ず同温度で有る事。
4 熱電対と同じ種類のオメガコネクター等を使用すればより誤差なく計測が可能である。

 

Q

Q 3:銅テープと銅編組シールドでは接地(アース)の取り方は違いますか?

A

アースの端末処理が違うだけで、基本的にはアースの取り方は同じである。
銅テープの場合は一般的にはIV線等を繋げて端末処理を行い、
銅編組シールドにおいては、編組部をよじってY端子等をつけて端末処理を行うのが一般的である。

 

Q

Q 4:補償導線のシールドの効果および、どのシールドが一番遮蔽効果が高いのか?

A

・電力線などの電圧により生じる静電誘導障害の除去⇒静電遮蔽
・電力線などの変化する電流により生じる電磁誘導障害の除去⇒電磁遮蔽  

遮蔽効果の高いシールドは銅テープや銅鉄テープである。  
・静電遮蔽⇒銅テープシールド(SA)    
 電磁遮蔽⇒銅鉄テープシールド(SAF)

 

Q

Q 5:現在、KXタイプの補償導線を使っていますが予算が無い為VXを使用したいのですが
何か支障がありますか?

A

支障はないが但し、下記の問題がある。

1 KXはシース熱電対と同じ導体(クロメル・アルメル)なので温度許容誤差が±1.5℃(クラス1の場合)以内と低いがVXは導体(銅・コンスタンタン)が異なるため温度許容誤差が±2.5℃以内と大きくなる。
2 シース熱電対と補償導線の補償接点温度は、KXが-25℃〜+200℃に対してVXは0℃〜100℃となる。

 

Q

Q 6:ガラス編組被覆の補償導線を湿気の有る所若しくは水が掛かるとどの様な影響がでますか?

A

吸湿や水の浸透により絶縁不良を起こし、正確な温度測定ができなくなります。

 

Q

Q 7:補償導線と被覆熱電対との違いを詳しく教えて下さい。

A

 

補償導線 熱電対(温度センサー)と指示計器(温調計)の間をつなぐ専用リード線であくまで熱電対の延長用リード線であります。 導体構成は撚線が一般的である。 基本的には、補償導線単体での温度測定は出来ません。
被覆熱電対 熱電対素線に被覆を施した熱電対で、補償導線と大きく違い単体での温度計測が可能であるが低中温域での簡単な温度計測に限ります。
又、種類はK・E・J・Tタイプのみに適用されます。
また、補償導線と違い導体構成が単線(mm線)で構成されている。

 

Q

Q 8:同じ種類の補償導線でサイズを変更した場合は何か問題はありますか。

A

同じ種類であれば問題なし。途中接続の場合も問題ないけれど、
接続箇所の周囲温度に気をつける。 
外部入力抵抗の限定があれば注意しサイズを選定する。


 

Q

Q 9:熱電対と測温抵抗体との違いを教えて下さい。

A

熱電対は温度差によって生じる熱起電力を読み取るのに対し測温抵抗体は測定温度によって変化する抵抗値を読み取る方式です。
各々メリット・デメリットがあり、以下のようなものがあります。
熱電対のメリットは測定温度範囲によって熱電対の種類を選択出来ることで、RやKなどは1000℃以上の高温測定が可能です。 逆にデメリットとしては、測定誤差が大きくなります。
測温抵抗体のメリットは熱電対に比べて測定誤差が小さく正確であることとリード線も安価です。逆にデメリットは熱電対に比べ測定温度範囲が狭く、高温域では500℃までが標準です。現在では1000℃迄測定出来る物もありますが非常に高価です。

 

Q

Q 10:補償導線と動力線を一緒に配線する場合、何に注意すればよいですか?

A

補償導線と動力線を平行に配線する場合に動力線の電流によっておこる電磁障害に注意する必要があります。 補償導線は銅鉄二重遮蔽の補償導線を使用する必要があります。


 

Q

Q 11:VX,WX,KXの識別方法を教えて下さい。

A

まず、+脚の色で識別します。
銅色ならVX、銀色ならKXかWX
+脚と−脚がともに銀色の場合、+脚に磁性があればWX(鉄)
−脚に磁性があればKX(アルメル)となります。