FAQ よくあるご質問と回答

熱電対について

Q 1:

シース熱電対の温接点形状で、非接地タイプの利点・欠点を教えて下さい。

A 1:

熱起電力の特性は、導体の太さには影響されません。 配線する場所、距離、柔軟性などの機械的特性を考慮し選定される。

サイズ別に分けると
利点 測定対象物を選ばず、電気的誘導障害に対しシールド効果があり、熱起電力の経時変化が少なく長時間の使用に耐えれる。
欠点 シースが絶縁されている為、接地型より応答速度がやや劣る。
Q 2:

熱電対の原理を教えて下さい。

A 2:

2種類の異種金属で閉回路を作り、異なる接合点に温度差が生ると熱起電力が生じ電流が流れるとゆう原理(ゼーベック効果)を利用した温度検出器。
使用環境に応じた特性を持つ異種金属素線同士を組み合わせて片端に溶接等の電気的接続を行い、もう一方を計器に接続する事で熱電対となる。
測温接点の温度を知るには、基準接点を0℃に保つ方式と、電気的補正を行う計測器に接続する方式とが有る。
やむを得ず接続する場合は、銅スリーブや端子台で接続しても構わないが下記の事に注意が必要。

Q 3:

測温抵抗体の原理を教えて下さい。

A 3:

金属の電気抵抗値が温度変化に比例し変動する特性を利用し、
白金等の金属素線をコイル状に加工して製造された抵抗体素子にシース・内部導線・保護管等を一体化させて安定性の良い抵抗値測定を行える様にした温度検出器で、内部導線の接続方式が2・3・4導線式の3タイプからなり、接続方式に合った変換器に接続する事で温度測定を行える。

Q 4:

PT100Ωの測温抵抗体のリード線は何を使えば良いのですか?

A 4:

線式にあったリード線をご使用下さい。
(2導線式であれば2C物、3導線式であれば3C物) VCTFやMVVSなどでも使用できますが、温度誤差を少なくする為には 専用に設計されたリード線をご使用下さい。 導体抵抗のばらつきを抑えた設計となっております。

Q 5:

シース熱電対の保護管の材料で最も多く使用されている物は何ですか?

A 5:

標準材質としはSUS316が最も多く、高温用としてはINC600が一般的である。

Q 6:

ガラス編組被覆の補償導線を湿気の有る所若しくは水が掛かるとどの様な影響がでますか?

A 6:

吸湿や水の浸透により絶縁不良を起こし、正確な温度測定ができなくなります。

シース熱電対 KXはシース熱電対と同じ導体(クロメル・アルメル)なので温度許容誤差が±1.5℃(クラス1の場合)以内と低いがVXは導体(銅・コンスタンタン)が異なるため温度許容誤差が±2.5℃以内と大きくなる。
圧接式熱電対 シース熱電対と補償導線の補償接点温度は、KXが-25℃~+200℃に対してVXは0℃~100℃となる。
Q 7:

JIS規格外の熱電対の特徴を教えて下さい。

A 7:
補償導線 熱電対(温度センサー)と指示計器(温調計)の間をつなぐ専用リード線であくまで熱電対の延長用リード線であります。 導体構成は撚線が一般的である。 基本的には、補償導線単体での温度測定は出来ません。
被覆熱電対 熱電対素線に被覆を施した熱電対で、補償導線と大きく違い単体での温度計測が可能であるが低中温域での簡単な温度計測に限ります。 又、種類はK・E・J・Tタイプのみに適用されます。 また、補償導線と違い導体構成が単線(mm線)で構成されている。
Q 8:

シース熱電対の曲げ半径を教えて下さい。

A 8:

シース外径の5倍以上で曲げることを推奨します。

補償導線について耐熱電線について熱電対について